ミトコンドリオン雑記

本の感想、日頃思ったことを書き綴ります

仕事をする前の準備とは

どうもミトコンドリオンです。

 

 

IDEA HACKS! アイデアハック!

今日スグ役立つ仕事のコツと習慣

 

原尻 淳一 (はらじり じゅんいち)

1972年、埼玉県生まれ。龍谷大学大学院経済学研究科修士課程修了。大手広告代理店勤務で入社から一貫して飲料や食品のブランド戦略立案を行う。現在、エイベックス・エンタテインメント株式会社BRM室マーケティングルーム室長。アーティストのブランド戦略サポートおよびマーケティングリサーチやプランニングを行っている。ISIS編集学校師範代。

 

小山 龍介 (こやま りゅうすけ)

1975年、福岡県生まれ。京都大学文学部哲学科美学美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード経営大学院でMBAを取得。現在、松竹株式会社プロデューサーとして、歌舞伎に関するインターネットビジネスなど、新規事業立ち上げを行っている。ISIS編集学校師範代・代匠。

 

私は常に仕事を効率よくしたいと考えているため、本書を手に取ってみました。

いくつか印象に残った項目をピックアップしたいと思います。

 

 

CHAPTER1

情報ハック メモとノート

 

・アイデアは一刻も早く忘れる

メモを書くのはアイデアを忘れてしまうためです。しかし、アイデアを覚えておこうとすると短期記憶として、海馬の容量を使ってしまいます。そうすると、作業のために使える短期記憶領域が減ってしまうことになります。短期記憶の領域を空っぽにしておくためにもメモを取っておくことをおすすめします。

長期記憶にするためにはストーリー仕立てにすることがおすすめです。

 

・アイデアメモは一刻も早く捨てる

メモしてしまうと安心してしまって、ついついメモしたことまで忘れてしまいがちです。アイデアは鮮度が大事です。メモをため込まず、すぐに活用して、メモを捨てれるようにしましょう。

どうしてもメモとして残しておく場合、ノートに整理しておく、人に話して整理しておく、といったアウトプットすることが良いです。アウトプットということでは、ブログなどITを使って残しておくこともメモでもあり、人に伝えることもできます。

 

マインドマップによるメモ術

これはトニー・ブザンによって提唱されている図式化の技法です。

おすすめのソフトに「FreeMind」というものがあります。

 

CHAPTER2

時間管理ハック 習慣と隠し味

 

・1週間の予定は金曜の夜に確認する

性格的に明日のことが気になってしょうがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。それなら適切な時にスケジュールの確認を習慣をつくった方が良いです。

週の始めの月曜日に1週間のスケジュールを確認する方もいますが、その時、既に1週間は始まっています。おすすめはその前の週の金曜日の夜です。

金曜日に確認しておくことで、土日の休日を満喫できますし、万が一足りないことがあっても土日で補うことが可能です。

また、1日のスケジュールの確認も朝ではなく、前日の夜にやると良いです。

つまり、リスクを早めに見切っておくことが重要です。問題、課題を事前に知っておけば多少のことがあっても対応できます。知ることが大切なのです。

 

・ToDoリストは細切れ時間の活用に使う

まず、15分以上かかる作業はスケジュールに組み込んだ方が仕事の組み立てができます。しかし、15分以上かかる作業をリスト化すると多くの作業がそれに当てはまります。そんな時、細切れ時間にこれらの作業を組みこんでいきます。

 

・1週間スケジュールを使い倒す

その日1日のスケジュールだけではなく、1週間のスケジュールがみれるようにしましょう。そうすると、時間の管理がやりやすくなります。

暇になったときは翌日の作業を前倒しにしたり、急な案件が出てきたとき、深夜まで残業してその日の作業を終わらせるのではなく、翌日以降に少しずつ分散してみたりといろいろ融通が利きます。また、締切がある作業についてもぱっと見で分かるようになります。

 

 

CHAPTER4

五感ハック モードとスタイル

 

・思考は生理現象

椅子にじっと座って作業をしながら優れたアイデアが出ないのは、環境のせいである可能性が高いです。

イデアが生まれる場所は「三上」と表現されています。馬上、厠上、枕上です。つまりリラックスしている状態でアイデアが生まれるのです。

 

・困ったら現場に飛び込む

現場を見ないで頭の中で作り上げたイメージは、自分が過去に体験したことに大きく左右されます。いわゆる思い込みです。この思い込みはたいてい自分に都合の良いようにできているので、実際とは違っていたり、落とし穴にはまったり、失敗することが多いです。

そんな思い込みをなくすためにも、現場に行くのが一番です。現場に行くと、目的のこと以外にも目にする事柄があるので、そこで思わぬ発見をすることがあります。

現場を見て、足で稼いで、そして新しい発見をする。アナログですが、これはビジネスに関わる人すべてにあてはまる鉄則になります。

 

・自分のテーマソングを流す

人は音楽に左右されることがあります。

自分を、ある気分、モードに切り替えるためのテーマソングを設定しておくとよいでしょう。さらに作業に合わせてBGMを意識して変えてみることもおすすめです。